平成30年度

「美原中学校を見守るおやじの会」15周年を迎えて

美原中学校を見守るおやじの会 会長 北  健 志

­ 日頃より、美原中学校を見守るおやじの会会員の皆様、美原中学校の校長先生をはじめとした教職員の皆様、そして 地域の皆様におかれましては、当会に対しましてご指導、ご協力を賜りまして心から御礼申し上げます。
当会は、「地域の青少年を非行に走らせない、非行から守る。」を合言葉に平成15年7月に発足し、年間を通じた夜間パトロールや学校行事への協力を中心に活動を続けてまいりました。
思い返しますと15年前の美原中学校は今の学校とはまるで別の学校でした。
一部の子どもたちは、エネルギーを発散する仕方が上手にできなかったために、正常な授業ができないこともありました。そのために、やむを得ずこういう見守り活動が必要となりました。
現在の所沢市立美原中学校は、学校全体が非常に落ち着いておりまして、生徒が授業に集中し、勉学にも結果を残しており、そして部活動の躍進にも目覚ましいものがあると伺っております。
本年も当会に4名のお父さんがご入会くださいました。ご入会いただいたお父さんには感謝申し上げます。
おやじの会の会員は、現役生のお父さん又はお子さんは卒業しましたが、趣旨に賛同いただいて会員を続けてくれているOB会員がいらっしゃいます。実は、OB会員の人数が圧倒的に多い状態ですので、ここが課題であると認識しています。
5月12日(土)には、ご来賓として結城校長をはじめとする多数の教職員の皆様及び元校長の齊藤仁様のご臨席のもと、定期総会と懇親会を開催しました。
懇親会では、出席者全員による自己紹介や学校への想いを語っていただき、和やかな雰囲気の中で交流を深めることができました。
当会の活動は大変地味なものでありますが、子どもたちに与える影響は非常に大きいものと考えます。
今後も会員の皆様のご協力をいただきまして、学校と地域の皆様方との連携をさらに深めながら、安全・安心な地域づくりにつとめ、細く長く活動を続けてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 

 

2017年4月1日